プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昇仙峡のいろいろなこと

昇仙峡渓谷ホテルのオーナーがいろいろなことを書き綴ります。

VW T4 ヘッドライト。ハイ・ローの切り替え不良 

VW T4は93年式の旧車なので、故障が多発します。
今回の修理はウインカーレバーに内蔵のハイ・ロービームの切り替えスイッチの故障です。
分解してみるとプラスチック部品の折損で修復不可でした。
そこで中古部品を含めてさかしてみると・・・・・・見つけました。



AliExpressという中国のアマゾンみたいなサイトで新品です。
送料込みで$21.11でした。
VWの刻印はありませんが全くの同一製品。
クルーズコントロールスイッチは付いていませんがあまり使わないので良しとしました。
スポンサーサイト

PAGE TOP

VW T4 クーラント漏れ 

VW T4 のシリンダーブロックのアッパー側クーラントジョイント部分からのクーラント漏れです。
インパネに表示される水温計の温度センサーもクーラント漬けになって、メーター振り切りの状態でした。

で、ジョイントを外して出てきたOリング。
DSCN7145_R.jpg

ふやけてサイズが全く合いません。
DSCN7147_R.jpg

ジョイントの溝も荒れていてこんな感じ。
DSCN7146_R.jpg

センサー、ジョイント、Oリングを新品に交換して修理完了です。

PAGE TOP

VOLVO240の車検 

volvo240の車検です。
交換した部品はタイロッド、タイロッドエンド、ロアーボールジョイントです。

DSCN7163_R.jpg

交換に半日かかりましたが、これで安心して乗れます。

PAGE TOP

VOLVO240 冷間時の始動不良 

VOLVO240の冷間時の始動不良です。
疑わしいのは昨年に交換した水温センサー。
聞いたことのないメーカーでしたがオークションで送料別2000円で購入しました。



冷間時のエンジンのかかりが悪く、かかってしまえば問題なし、という感じ。
で、抵抗値をはかろうとコネクタを抜こうとしたら、簡単に抜けてしまいました。
普通は抜けどめのクリップがかかって簡単には抜けないのですが・・・・・
再度、刺してもクリップがかからず、コネクタに遊びがある。
これじゃ正しい抵抗値は測れないですね・・・・

OEM部品でハズレを引いたのは今回が初めて。
知らないメーカーは要注意ですね。

PAGE TOP

VW T4 エンジンオイルクーラーの修理 

VW T4のエンジンオイルクーラーからのオイル漏れの修理をしました。
左が今まで装着されていたパッキン、右が新品。

DSCN7148_R.jpg

下側の古いパッキンはバキバキに硬化していてパッキンの役目をしていません。

DSCN7149_R.jpg

新品は内側にある凸部分の穴をオイルクーラーの凸部分に合わせて装着。
オイル漏れ修理完了となりました。



PAGE TOP