プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

昇仙峡のいろいろなこと

昇仙峡渓谷ホテルのオーナーがいろいろなことを書き綴ります。

草刈りの季節 

木々の緑が濃くなる季節になりました。
そうすると、雑草も元気になってきます。
刈払機2台、ヘッジトリマー1台の三種の神器の手入れをしました。



草刈り、頑張るぞー!
スポンサーサイト

PAGE TOP

ダイニングチェアの籐背もたれを張り替えました 

ホテルのダイニングチェアの籐の背もたれ部分が傷んできました。
ヒドイのはこんな感じ。


まずは木割れ防止の為にカッターで籐丸棒の両側の溝の境目にしっかりと切れ目を入れます。
DSCN7167_R.jpg

そして使うのはこんな道具、幅4ミリのノミ。
DSCN7168_R.jpg

こんな感じで除去します。
DSCN7174_R.jpg

このあと新しい籐丸棒にヤカンの蒸気をあてて溝の角に合わせて成形し、長さを合わせてすこし長めにカットをしておきます。
DSCN7175_R.jpg

DSCN7210_R.jpg


熱めのお湯に浸した4つ目網の籐を溝に押し込むのですが使用した道具がコレ。
網戸の張り替え用ローラーです。
ローラー部分に3Φのバンコードを取り付けました。
DSCN7185_R.jpg

クランプで固定しながらヒートガンで温めてたるみを出さないように溝に埋め込みます。
籐が乾きすぎないように霧吹きも使用しています。
DSCN7188_R.jpg

木工ボンドを詰めて、あらかじめ整形しておいた籐丸棒を当て木をしてを打ち込みます。
あまり打ち込みすぎないように。
DSCN7189_R.jpg

DSCN7192_R.jpg

余分なところを切り取ってから、再度ボンドを塗り込んで濡らした布でしっかりと拭き取ります。
DSCN7196_R.jpg

充分に乾燥させてから油性着色ニスで仕上げました。
DSCN7197_R.jpg

DSCN7199_R.jpg

一番手間のかかるところは破損した籐の除去でした。
無理をすると木割れを起こすのでこの作業は慎重に丁寧に。
籐網の溝への入れ込みは充分に湿らせた籐網をヒートガン温めれば簡単でした。

材料はすべて福島工業株式会社さんから購入しました。
塗装方法、毛羽立ちの処理等のアドバイスもいただきました。
ありがとうございました。


PAGE TOP

VW T4 ヘッドライト。ハイ・ローの切り替え不良 

VW T4は93年式の旧車なので、故障が多発します。
今回の修理はウインカーレバーに内蔵のハイ・ロービームの切り替えスイッチの故障です。
分解してみるとプラスチック部品の折損で修復不可でした。
そこで中古部品を含めてさかしてみると・・・・・・見つけました。



AliExpressという中国のアマゾンみたいなサイトで新品です。
送料込みで$21.11でした。
VWの刻印はありませんが全くの同一製品。
クルーズコントロールスイッチは付いていませんがあまり使わないので良しとしました。

PAGE TOP

VW T4 クーラント漏れ 

VW T4 のシリンダーブロックのアッパー側クーラントジョイント部分からのクーラント漏れです。
インパネに表示される水温計の温度センサーもクーラント漬けになって、メーター振り切りの状態でした。

で、ジョイントを外して出てきたOリング。
DSCN7145_R.jpg

ふやけてサイズが全く合いません。
DSCN7147_R.jpg

ジョイントの溝も荒れていてこんな感じ。
DSCN7146_R.jpg

センサー、ジョイント、Oリングを新品に交換して修理完了です。

PAGE TOP

身延町なかとみ和紙の里へ行ってきました。 

身延町なかとみ和紙の里へ行ってきました。
P_20180311_121307_R.jpg

P_20180311_121324_R.jpg
ちょっとした工夫で魅力的なランプですね。

昇仙峡渓谷ホテルの客室のスタンドですが・・・・・
DSCN7177_R.jpg
お客様に濡れタオルをかけられて茶色いシミが出てしまいました。

で、和紙の里で買ったのがコレです。
DSCN7182_R.jpg

くるっと巻いて、こんな感じに仕上げました。
DSCN7183_R.jpg





PAGE TOP